施工前

「刈り込み剪定」を行っている樹木は毎年同じ場所で葉を切られているため、内部は枯枝や、からみ枝などで混みあっています。よくオバケみたいに大きくなったゴールドクレストやコノテヒバを町中で見かけます。

施工後

このように枝の根元からハサミを入れて透かす事により、内部に陽光が入り、新芽が幹の方から出ますのでその新芽を生かして翌年に切り戻す(小さくする)ことが可能です。風通しも良くなり病害虫の予防にもなります。何より見ためがすがすがしく気持ちがいいです。