稲美町T様邸 和モダンな庭

施工前


作業風景


完了



 この度の工事のご依頼は竹や雑草が混ざってしまった芝生の張替えと大きくなり過ぎた樹木の除去、隣地との境のブロックの積み直しなどです。樹木が年月の経過で大きくなり、駐車スペースも狭くなってきています。
 庭を造り直す条件としては「使える場所はそのまま使う」「出来る限り庭にある材料を使用する」でした。
 まずは既存のフェンスなどを取り、大きくなり庭に這い過ぎた竹を取り除いて行きます。竹の根は繁殖力が非常に強いので、重機で掘り起こし丁寧に根株を取り除いて行きます。
 隣地との境界はブロックを積み上げ、上部に塀を設置していきます。塀は大和塀、素材は人工木材ですので朽ちずに耐久性があります。庭に重厚感を出してくれています。
 もともとあったつくばいや川石を使用してあーでもない、こーでもないと景色を造っていきます。鉄平石が和モダンを引き立てます。つくばいは家の中から見えるよう高く据えています。
 玄関へと続く通路も既存の板石と擬木のコンクリート板を混ぜて使用し、歩く事が楽しくなりそうなアプローチの出来上がりです。
 この度、施主様には庭のデザインを一任していただき、自由な発想で造らせていただいた事に感謝いたします。