門廻りを軽自動車が駐車(一時的な)できるよう広くとります。

門扉幅2m(有効間口1.9m)に広げ、開放感があるセミクローズの門廻りに生まれ変わりました。

アプローチは表面が比較的平らな石材とアンティークな疑似枕木をアクセントに歩行し易いよう造り、外側にかけて広がりを出す事で敷地を広々と見せる役割を果たしています。

軽自動車もギリギリですが、このように収まります。

下地砕石転圧状況

アプローチ下地ワイヤーメッシュ敷設状況

アプローチ下地コンクリート打設状況

見積り内訳書で寸法表記したものはなるべく写真に納め、完了後に施主様にお渡しするようにしています。

アプローチ施工状況

砕石下防草シート作業状況

防草シートの上に置いてある蜂の巣状の敷物は「ストーン・セル」という砂利下安定材です。この上に砂利を撒くこと事で飛散防止効果やハイヒール等の安定の悪い靴でも安心して歩けます。また耐圧荷重16tまで耐えるので、軽自動車や乗用車が砂利にめり込んだり、タイヤで撒き散らしたりなどの心配はありません。